Blog for hope ~夢を与えるブログ~

想像力は無限大で、無敵。

2019.06.21 カテゴリー: ( ブログ )

『人は無限の可能性をもっている』

これはコーチングで大切にしている概念の一つです。

 

皆さん、こんにちは。
いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者&コーチング講師の和声です。

イメージの世界では何でもできる、つまり想像力でなんでも描くことができる。

とはいえ、現実の世界はもちろん無限ではなく、有限で限界だらけ。

だからこそ、イメージの世界でどれだけ可能性を拡げられたか、ありありとイメージ・想像出来たかが大切になります。

想像できた範囲と比例して、人は現実の行動を作り、現実の可能性の扉をも拓いていくのです。

 

例えば、無限の可能性を拡げた方と言えば、この方!
私の好きなロボット開発者さんです。

 

この方は、

『寝たきりの人も接客して働ける!』

と、ある日イメージをした。

そこから、『どうやったら、出来るだろう?』と、試行錯誤しながら仲間を集め、とうとう遠隔操作のロボット開発も、寝たきりの人達がロボットで働くロボットカフェも、作ってしまったのです。

 

↓こちらの動画を見てもらえれば、一目瞭然ですが、車椅子は、もやは手も音声も何も使わず、視線だけで自由に操作できる!漫画のようなことが現実になっています。
https://mobile.twitter.com/origamicat

こんな現実も、科学の発展だけでは実現することはできません。
そうです、始めのたった一人の人がもし、本気でイメージ、想像できなかったとしたら?
本気の行動は生まれず、今の現実も、未来の発展も生まれないのです。

 

私たちコーチは、こんな今までの常識や枠を越えて『あり得ない』も含めてなんでもイメージ出来るよう、最初に一緒にイメージを拡げていく仕事だったりします。

先が見えない未来は、辛くなる。

そんな見えない先を、見ていく仕事。

本人にも見えない未来は、コーチが望遠鏡になって一緒に見つけるイメージだったんですよね。私にとって。

見えないけれど、確かにある。
宇宙の片隅の星のような、その人の可能性。
1番ほしかった未来。

 

やっぱり、コーチングは、私にとって冒険のように楽しくて、ワクワクするもの。
仕事なだけではなく、私の生き方の軸になるものでした。

私、こんなに生きることが、楽しくなるなんて思わなかったなあ。

私、こんなに自分のことを、好きになれる日が来るなんて思わなかったなあ。

私…、こんなに何年も、ずーーと一緒にいてくれる大切な人達と出会えるなんて、夢にも思わなかったなあ。
そんな未来…思えなかった。

はぁ。幸せだなぁ。
生きる、て面白いな。
あの過去から、あの日々から、こんな日が来るなんて。

想像力て、力だ。無敵だ。

人生の楽しみ方と、たくさんの幸せと、
新しい世界をもらいました。出会ってくれた総ての人へありがとう。

 

このブログを読んでくださるあなたの想像力が、可能性の扉を開いてくれますように。

いつか、幸せすぎて、
『こんな日が来るなんて…!』
と満面の笑みのあなたと出会えますように。

コーチング勉強会始めました!

2019.05.27 カテゴリー: ( ブログ )

冷やし中華みたいに言いましたが(笑)

今日は、8年程前から活動休止し、長い時間を掛けて、念願の復活を遂げたコーチング勉強会のお話です。

皆さん、こんにちは。
いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者&コーチング講師の和声です。

当時、一緒にコーチングアカデミーでリーダー研修受けていた仲間達と名古屋校のコーチ達で自主的にしていた勉強会でした。

勉強会を重ねて気づいた事は、
・机上の勉強だけではなく実践をどれだけ相手の為に出来るか
・リーダーが実績がないまま話していても納得感も影響力もない事。。。

そこで8年前、リーダーたちの苦渋の決断で、それぞれの専門分野を立ち上げてそこで実績を積んで、何年経っても復活しようと、いったん休止となりました。

それから私を含むリーダーたちは
・恋愛結婚のコーチング専門学校を一般社団法人として立ち上げた人
・企業内で研修講師となり、さらに研修内容を全国展開した人
・名古屋市の委託も受ける団体や学校企業などで講師を出来るようになった人(和声)

、、、あの時一緒に取り組んだ仲間は今は東京や天国などそれぞれの場所に活動の場を変えています。生きる事は当たり前ではなくて、でも天国に行った後でもこうして一緒にあの時の想いを形にすることが出来る。

今の私の個性(大切なもの)
『長い時間をかけて準備する、叶える、実現する』

に、まさしくぴったりな復活。なんだか講座や勉強会をとおして、一緒に未来を描いてたあの頃の仲間も一緒に復活。一緒に生きててくれる感じがして嬉しいんですよね。きっと(о´∀`о)

和声個人主催でこじんまりとですが丁寧に、コーチングアカデミー以外の方にも来てもらえる勉強会~WーRAINBOW~

私の人生を変えた人たち

2019.04.28 カテゴリー: ( ブログ )

皆さん、こんにちは。
ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者&コーチング講師の和声です。

今回のテーマは「私の人生を変えた人たち」

実は2月のブログの時に次回は「私の人生を変えた人たち」について書きますと予告しておきながら先月はうっかり忘れて、思いついた「人間っていいな♪~障害っていいな♪」を書いてしまいました。

ごめんなさい。m(_ _)m

それでは、改めまして「私の人生を変えた人たち」をお送りします。
その人たちと出会ったのは31~30代後半までの数年間に集中しています。

老若男女、様々な方が居るのですが、

1人目は、国際コーチ協会 理事長 佐藤広康先生(コーチングネーム:好調)
プロコーチ中のプロコーチで、コーチを育てるスクールを創設した人です。

理事長から言われた言葉で忘れられないのは、
和声には、出来ないからこそ出来る事があるんだよ
和声にしか出来ない事が必ずあるよ」です。

インストラクターになりたいと言った時も、落ちこぼれでインストラクタートレーニングについていけなかった時も、失敗してクレームになった時もいつも私の可能性を信じてくれていました。

2人目は、一緒にW&Hをやっている”東畑りえさん”(コーチングネーム:エリー)
コーチングのインストラクターでありプロコーチのエリー。そして私のお母さん替わりでもあります。

エリーから言われた忘れられない言葉は、
和声はアンバランスが和声のバランスだね!
春まで冬眠してください。(冬季鬱で動けず自分を責めていた時に掛けてもらった言葉)」です。

エリーの口癖で私も真似ているもの「よかよか~~♪」「しゃあない」「それはいいことです」「天才かと思いました!」

両親を亡くし子供とも離れて暮らすことになり人生がどん底の時から、どんな時もエリーには「よかよか~~♪」と、生活、仕事、人生を立て直す間、ずっとネガティブな話も朝晩毎日毎日聞き続けて貰いました。

3人目は、4年半一緒に代表をしていた”一般社団法人 日本ダイバーシティ推進協会”の代表 久保さん(コーチングネーム:キャスバル)
キャスバルとは、一緒にお仕事を通してお互いの未来、団体の未来、社会の未来を作って行った仲間です。

言われた言葉や口癖よりも、お互いにコーチをし合って、質問し合い行動を作って来た日々とダジャレの数々が浮かびます。(笑)

本当はまだまだ沢山いる私の人生を変えてくれた人たち。

書ききれないけれど私の人生に登場してくれて、一緒に生きてくれて本当にありがとうございました。

平成も終わるけれど、令和も一緒に生きていけたら幸せ(しあわせい)です。

私の人生を変えてくれた人たちに共通することは、「まだ何者でもない夢を叶えていない小さな存在の私の可能性に気づいてくれて見つけてくれて信じてくれた」こと。

そして何より「そのままの出来ない事もいっぱいのアンバランスなネガティブな私と一緒にいていつも笑ってくれた」こと。

あなたたちに出会えなければ私はきっと今生きていなかった。
出会ってくれてありがとう。

このブログを読んでくれているあなたにもそんな出会いがありますように。

いつかあなたに出会う誰かがあなたに出会えてよかったと私の様な気持ちになりますように。

W&H統括事務局
TEL:052-217-1229 Mail : kibou-negai@wish-and-hope.com Add: >>GoogleMap