Blog for hope ~夢を与えるブログ~

エリー語録 エリーのサポートと自立はあたたかい

2019.10.21 カテゴリー: ( ブログ )

メールは機械で作るものだけれど、そこに温度を感じるのは、私だけでしょうか。

 

皆さん、こんにちは。
いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者&コーチング講師の和声です。

 

メールの温度を感じたのは、最近。

W&Hニュースでもお伝えしていた、9月7日のNSA高等学院の講演会の時のこと。

 

私の場合、元々吐き気を催すほどメールやパソコン、IT系が心底苦手で、ひいては仕事が出来ないコンプレックスとPTSD(トラウマ)になるほどで、『出来ない、しょうがない』と諦めていました。

そんな私が、講演会のご案内をお届けしたかった方たちに、自分でご案内メールができ、その喜びを、一緒にW&Hをしているエリーにメールで伝えたときのメールでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
(和声→エリーへ)

『お届けしたかった大切な方達にメールが出せましたー。
ありがとうございました!

ずーと、念願だったメールが、エリーの添削のお陰と、躁転した脳みそのおかげでできましたー(T-T)
うれしい~~

けど、躁(脳が動きすぎ)なのもあるし、
人とか社会のこと分かんないから
いつもなら、やり過ぎたりもしちゃうはずなのに、
エリーのおかげで、ちょうどよくものすごく理想です。
ありがとうございます☆』

 

(エリー→和声へ)

『そうだよね。
私のようなちょっとサポートする人が増えるといいね!

そして、和声のようにサポートがあれば活躍出来る人が増えるといいね!

ほんのちょっとした、サポート。
必要なタイミングでちょっとしたサポートがあれば、自立できるのにね。

1つ出来ないことを大袈裟にしないで、
全部出来ないと、決めつけない。

1つ出来ないのは、関連性があるから、全てが厳しくなっただけ。

その1つをサポートするだけだと思うんだけどな。

みんな自立出来ると思うんだけどなぁ 。』

 

メールの温度を感じたのは、
メールの中の、
言葉の中の、
そのまた中の、人の心に触れるからでしょうか。

 

このブログを読んでくれているあなたにも、あたたかな想いが届きますように♪

W&H統括事務局
TEL:052-217-1229 Mail : kibou-negai@wish-and-hope.com
Add:〒453-0041 愛知県名古屋市中村区本陣通5-6-1 地域資源長屋なかむら  >>GoogleMap