ニュース

11月27日(火)「講演会&パネルディスカッション」のお知らせ 主催:放課後等デイサービス ななおとさん

2018.10.19 カテゴリー: ( ニュース )

11月27日(火)放課後等デイサービス ななおとさん主催の「講演会&パネルディスカッション」で講師と、発達障害当事者&支援者としてパネリストをさせて頂きます。

この講演会は、このニュースでもお知らせしていた8月25日の第3回「こころの未来を創造する講演会」(NSA高等学院)を聞きにきて下さった方との出会いがきっかけで開催することになりました。

ななおとさんは北名古屋市で放課後デイサービスをされています。
代表の大槻さんやスタッフの方々とも打合せでお会いしましたが、子供たちの事だけでなく、親御さんの事まで大切に思われている様子がとても伝わってきました。

私は、今まで発達障害がありながらも自分らしく幸せになっていく道を本人だけでなく周りの人たちと皆で考えていきたいと常に考えておりました。

W&Hの活動の幅も、最初は大人の発達障害当事者会と就労支援だけでしたが、教育、ご家族、支援者、職場の方など広げてきていたので、ななおとさんの想いにとても共感しました。

どんな「講演会&パネルディスカッション」になるかは詳細決定次第またお知らせいたします。

名古屋市家庭訪問型相談支援モデル事業の訪問支援員に登録しました。

2018.09.26 カテゴリー: ( ニュース )

2018年9月から名古屋市で新たなモデル事業「名古屋市家庭訪問型相談支援モデル事業」が始まります。

このモデル事業は不登校など悩みを抱える概ね中高生の年代の名古屋の子供たち300人とその保護者の方の自宅などを訪問し、寄添いながら悩みを聞き、不安などを軽減する事業です。

このモデル事業が9月という年度のど真ん中で急遽大規模に開始されたのは、先月、先々月とお知らせしてきた私の講演会でもお話しした「子供たちの自殺」がきっかけで動き出した事業と聞きました。

今回モデル事業をコンソーシアムで委託された2団体
・草の根ささえあいプロジェクトさん
・愛知PFS協会さん
とは6年ほど前からとてもお世話になっていてコラボや連携をして頂いて来ました。

私が訪問支援員として活動できる内容や時間は限られていると思いますが、一人でも多くのしんどい想いをしている名古屋の子供たち、親御さんたちに寄添っていけたらと思っています。

ちょうど30年前、登校拒否児と呼ばれ昼夜逆転し布団からいっさい起き上がれず、泣いたり、奇声を発したりする自分の未来に絶望していた中学一年生、12歳の自分を思い出しました。あの頃は私も親も、誰も頼れず理解されず手探りで苦しみ続けました。

あの時の私が出会いたかった味方になりたい。
未来の可能性を信じてくれる大人になって過去の自分の様な子供たちに出会いたい。

あの時の親に出会わせてあげたかった味方になりたい。
「あなたの子供は大丈夫だよ、一人じゃないよ」と過去の私の親の様な人たちに伝えたい。

この団体の代表の方たちとならきっと出来ると信じています。
なぜならば、どちらの代表の方とも出会ったその日に「子どもの頃に出会いたかった」「ああ、こんな人達が本当に居るんだ」と私が嬉しくて号泣してしまった人達だからです。

沢山の仲間と会いに行きたい。出会えるその日を楽しみに。

【名古屋市家庭訪問型相談支援モデル事業の詳細はこちら】
http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000109636.html

NSA高等学院 第三回『こころの未来を創造する講演会』のご報告

2018.08.31 カテゴリー: ( ニュース )

8月25日(土)名古屋の通信制高校のサポート校・NSA高等学院にて第三回『こころの未来を創造する講演会』をさせて頂きました。

今回の講演会を振り返ると、いただいた感想の中でとても目をひいたのは『楽しかった!』という感想が多く、驚きました。

どうして驚いたかというと、実は、テーマが『9/1問題(子どもや学生の自殺が一年で一番多くなる日)』なので、正直重い話なのです。

なので、どうしたら、いかに重くなりすぎず、
自殺防止だけでなく、
子どもたちの幸せな未来、
どの子も自分らしく生きられる未来
を一緒に見つけてもらえるだろう?と考えながら企画しました。

(講演会への想い↓7/22upニュースより)
http://wish-and-hope.com/news#post-135

こちらのニュースでも告知していましたが、当日は予想以上に幅広い方々に来ていただくことができました。

小学生~中学生、高校生、大学生のお子さんがいらっしゃる親御さんだけでなく、お孫さんのいらっしゃる方まで。
また、親御さんやご家族だけでなく、障害のある方の就労支援(就労移行事業所)や、放課後等デイサービスを運営、関わられている方まで。

少しずつですが、これからも自分のできることで子どもたちの未来を一緒に見つけて、一緒に生きていたいと願い、続けていきたいと思います。

また今回チャレンジした新しい試みが、体からのメッセージを見る・聴く・触れる=セルフフットケアの体験会でした。

いつもの講演会や、好評のグループコーチング(ふぁみさぽ)だけでなく、ハッピータッチプレゼンター協会とのコラボで実現しました。

普段見ない足裏には、普段見ない自分自身が体調も、心の声も、生き方も、元々の本質(性質性格など気質)も表れるので、足を通して自分を労ったり、振り返ったり、心地よさを味わって、笑顔一杯の楽しい講演会になりました。

心(講演)と、体(フットケア体験)と、頭(ふぁみさぽ)も。
子どもも、親も、先生(支援者)も。
過去も、未来も、そして今も。
先生方やハッピータッチプレゼンター協会さんはじめ、多くの参加者の方々のおかげで、三位一体となり繋がっていく講演会になりました。
皆さま本当にありがとうございました。

 

W&H統括事務局
TEL:052-217-1229 Mail : kibou-negai@wish-and-hope.com
Add:〒453-0041 愛知県名古屋市中村区本陣通5-6-1 地域資源長屋なかむら  >>GoogleMap