Blog for hope ~夢を与えるブログ~

想像力は無限大で、無敵。

2019.06.21 カテゴリー: ( ブログ )

『人は無限の可能性をもっている』

これはコーチングで大切にしている概念の一つです。

 

皆さん、こんにちは。
いつもブログをご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者&コーチング講師の和声です。

イメージの世界では何でもできる、つまり想像力でなんでも描くことができる。

とはいえ、現実の世界はもちろん無限ではなく、有限で限界だらけ。

だからこそ、イメージの世界でどれだけ可能性を拡げられたか、ありありとイメージ・想像出来たかが大切になります。

想像できた範囲と比例して、人は現実の行動を作り、現実の可能性の扉をも拓いていくのです。

 

例えば、無限の可能性を拡げた方と言えば、この方!
私の好きなロボット開発者さんです。

 

この方は、

『寝たきりの人も接客して働ける!』

と、ある日イメージをした。

そこから、『どうやったら、出来るだろう?』と、試行錯誤しながら仲間を集め、とうとう遠隔操作のロボット開発も、寝たきりの人達がロボットで働くロボットカフェも、作ってしまったのです。

 

↓こちらの動画を見てもらえれば、一目瞭然ですが、車椅子は、もやは手も音声も何も使わず、視線だけで自由に操作できる!漫画のようなことが現実になっています。
https://mobile.twitter.com/origamicat

こんな現実も、科学の発展だけでは実現することはできません。
そうです、始めのたった一人の人がもし、本気でイメージ、想像できなかったとしたら?
本気の行動は生まれず、今の現実も、未来の発展も生まれないのです。

 

私たちコーチは、こんな今までの常識や枠を越えて『あり得ない』も含めてなんでもイメージ出来るよう、最初に一緒にイメージを拡げていく仕事だったりします。

先が見えない未来は、辛くなる。

そんな見えない先を、見ていく仕事。

本人にも見えない未来は、コーチが望遠鏡になって一緒に見つけるイメージだったんですよね。私にとって。

見えないけれど、確かにある。
宇宙の片隅の星のような、その人の可能性。
1番ほしかった未来。

 

やっぱり、コーチングは、私にとって冒険のように楽しくて、ワクワクするもの。
仕事なだけではなく、私の生き方の軸になるものでした。

私、こんなに生きることが、楽しくなるなんて思わなかったなあ。

私、こんなに自分のことを、好きになれる日が来るなんて思わなかったなあ。

私…、こんなに何年も、ずーーと一緒にいてくれる大切な人達と出会えるなんて、夢にも思わなかったなあ。
そんな未来…思えなかった。

はぁ。幸せだなぁ。
生きる、て面白いな。
あの過去から、あの日々から、こんな日が来るなんて。

想像力て、力だ。無敵だ。

人生の楽しみ方と、たくさんの幸せと、
新しい世界をもらいました。出会ってくれた総ての人へありがとう。

 

このブログを読んでくださるあなたの想像力が、可能性の扉を開いてくれますように。

いつか、幸せすぎて、
『こんな日が来るなんて…!』
と満面の笑みのあなたと出会えますように。

W&H統括事務局
TEL:052-217-1229 Mail : kibou-negai@wish-and-hope.com
Add:〒453-0041 愛知県名古屋市中村区本陣通5-6-1 地域資源長屋なかむら  >>GoogleMap