Blog for hope ~夢を与えるブログ~

『堂々とサポート&ゲーム感覚の工夫③』 ~ 忘れないためではなく「忘れた後に思い出す」為の工夫について ~

2019.01.16 カテゴリー: ( ブログ )

皆さん、こんにちは。
ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者&コーチング講師の和声です。

本年もよろしくお願い致します。

今回は、日常生活や仕事の中でもADHDの特性が強く出ている「忘れん坊」と、忘れないためではなく「忘れた後に思い出す」為の工夫について書いてみたいと思います。

—————————-

③忘れないためではなく「忘れた後に思い出す」為の工夫について

—————————-
私はADHDの特性で短期メモリが弱くなっています。

多くの人もたまには冷蔵庫を開けて「何で冷蔵庫開けたんだっけ?」ということもありますよね。
私は何か思いついても、次の事をしてしまったり、何か話しかけられたり、体や意識が動いた瞬間にすっかり忘れてしまうのが、毎日の通常運転です。

 

携帯を持ちながら「何をしたかったんだっけ?」(スケジュール?、メール?、電話???)

 

手帳にメモを書こうとして「何書こうとしてたんだっけ???

 

 

ただ忘れてしまう、覚えられないだけではなく感覚過敏やストレスなどで記憶量が一段と減る事があります。

人と自分を比べていた時はこんなことも覚えられない自分がバカみたいで情けなくて何とか皆みたいに覚えようとしていた時は、失敗だらけでした。

発達障がいのADHDで私はこういう忘れっぽい所がある。それが私。
皆と同じ様には覚えられないけれど、その私のまま覚えられなくてもやりたい事は諦めないと決めてからは

 

忘れないためではなく「忘れた後に思い出す」為の工夫について

 

考えて試していく様になってから不思議と失敗も減り何より生きやすくなってきました。

 

どんな工夫をしているかというと、例えば物を覚える事と時間配分が苦手な私が困るのは、毎日のスケジュールを何事もなくこなす事だったりします。

なので毎日大活躍なのが携帯のアラーム!

例えば今日の一日
6:00 起きる
7:30 ゴミ出し
8:30 出かける準備スタート
9:20 〇〇へ移動、10時着
10:50 面談終了
11:30 △△へ移動、12時30分着
17:00 □□へ移動、17時30分着
18:20 面談終了
18:45 ☆☆へ移動、19時30分着
20:30 打合せ終了
21:00 アイスクリームを買って帰る

 

この他にも自転車に乗って帰る、洗濯を干すなど、ちょっとした事ほど覚えていられないので私の第二の脳「アラーム」が毎日大活躍です。

次回は「工夫しても出来ない、、、そんな時は」をテーマにお届けしたいと思います。

『堂々とサポート&ゲーム感覚の工夫②』 ~ 一番苦手なITをサポート、ITドクター早川 ~

2018.12.20 カテゴリー: ( ブログ )

皆さん、こんにちは。
ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者&コーチング講師の和声です。

今回は10月に引き続きいよいよ一番苦手なIT分野のサポートについて書いてみたいと思います。

——————————————————–

②一番苦手なITをサポート “ITドクター早川”

——————————————————–

「見るのも触るのも、ものすっごい嫌そう!!!!?」

これは私のIT分野を全面的にサポートしてくれているITドクター早川が、初めてあった時に感じた「和声のIT全般に対する印象」でした。

一番苦手と書いているものの、実は苦手を通り越して生理的に無理、パソコンを触っていると体の震えと吐き気がして来るほど嫌でした。

何がそんなに嫌かというと、言葉にこだわりがあるので、パソコンで文字を打つ時に、自分の考えていることが画面に現れるまでに、打つ、変換するなどの工程が多すぎて、思ったように打てないことに腹が立ってきて集中しすぎてエネルギーを使い果たしてしまうのがとても嫌でした。

そんな私が今こうしてブログを書けているのは、実は私が口頭で話した言葉をITドクターがパソコンに打ち込んでくれているからです。

人の時間と労力を奪う事に申し訳なさと罪悪感、こんなことも人並みに出来ないなんてダメな自分と、自己否定がずっと付きまとっていましたが、エリーから「分からないこと、苦手なことは出来る人、得意な人、プロの人に任せよう!そして和声は、和声にしか出来ない事、和声の出来る事、得意な事に集中しよう!」と言ってもらい、かなり楽になってきました。

 

具体的にITドクターにお願いしてるのは、、、

仕事では

・ブログやニュースの更新(文字起こし→HPにアップする)
・講演会資料などのパワーポイント作成からデータ送信まで
・スケジュール管理(手帳からgoogleカレンダーへ移行)
・メール送受信の仕組み作り(パスワードがわからなくなってしまっても大丈夫なように)

プライベートでも

・購入支援(商品情報の比較、ネットでの申込みなど)
→例:睡眠を記録出来るスマートバンド購入(睡眠障害により眠れる時、眠れない時のアンバランスが大きい為、記録に残ることで健康管理やエネルギー配分を考えられるようになった!地味にとてもうれしいのがスマートバンドと携帯を連動させて、携帯をなくした時に携帯を鳴らして見つけることが出来る機能!)
・新幹線のEXカードの発行手続き代行
・携帯機種変更(お店同行支援、通訳機能…お店の人が説明してくれる事を和声の場合はこうですよと、わかりやすく通訳してくれたので時間とエネルギーが大幅に短縮された!)

 

エリーとITドクターの共通点を考えると

1.私が信頼できる人

(独特な和声語やペースに付き合っても苦痛じゃない人)

2.プロフェッショナル

(豊富な知識情報と和声の場合はコレ!と一番のプランを提案してくれる)

3.リアルに会える

(最初のうちは対面や同行支援、慣れてきたら遠隔対応もあり)

人と言葉と1対1のコミュニケーションなど私のこだわりやペースも面白がって関わってくれる人達に出会えて幸せ者だと改めて思います。

このブログを読んでくれた当事者の人も罪悪感なく人を信じて、ちょっとサポートしてもらう勇気に繋がれば嬉しく思います。

≪不安≫

2018.11.22 カテゴリー: ( ブログ )

私は、不安とずっと一緒に生きてきた。
昔は、不安なんて無くなればいいって、目の敵にしてたけど。
今は、もしかしたら、そうでもないかも。

 

もしも私が、不安を分類したならば。
今ならきっと、

『不安が、強いか、弱いか』

『不安が、多いか、少ないか』

て、分けると思う。

 

私は、今は不安は強いが、少ない。
多くない。

 

だから、不安でも、ご機嫌に生きていける日も、瞬間も増えてきた。

 

昔の私と同じように、
たとえ小さくても、大きくても、不安が多い人は、とても辛そう。
漠然とした不安もとても辛そう。

 

そんな人の側にいって、一緒にひとつずつ小さな不安を数えたい。

 

漠然の怖さの中から、サバッ!とお風呂を上がるように、沈みこんだ不安の中から上がりたい。

 

息苦しい不安の中から、『ぷはっ!』と息をし直すように、不安と背中合わせの希望に向かって顔を上げたい。

 

強くて、多くて、何より『深い』
そんな不安といるときは、不安の中でしか見えない景色を一緒に見ながら、味わいたい。もしかしたら、不安の暗闇の中で星のように見える何かがあるかもしれない。

 

不安も、人生の醍醐味。

生きてるときしか、味わえない。

安心しちゃったら、もう味わえない。

今だけ、かもしれないんだから。

W&H統括事務局
TEL:052-217-1229 Mail : kibou-negai@wish-and-hope.com
Add:〒453-0041 愛知県名古屋市中村区本陣通5-6-1 地域資源長屋なかむら  >>GoogleMap