Blog for hope ~夢を与えるブログ~

自分の相棒は自分

2024.06.08 カテゴリー: ( ブログ )

大きなライフステージの変化や、持病の服薬調整中などには、謎の倦怠感があったりします。
倦怠感を感じる時、あなたならどんな風に付き合っていきますか?

 

いつもご覧くださり、ありがとうございます。
大人の発達障がい当事者でコーチング講師の和声です。

 

どんなにしんどくとも、大人な私達は、いつも外側からは誰にも分からないように、元気に、にこやかに、そして、いつも通りにしてしまいがち。

それが社会人だし、マナー、思いやりと教わってきていたりします。

 

この4月から5月にかけて、持病の発達障がいのADHDと双極性障害(双極症)の服薬調整中で、副作用なのか?ずっと熟睡出来ず、赤ちゃんのような3時間睡眠が3週間以上続いていた時の和声です。

副作用かな、更年期かな、などと思い込むと大切なものを見過ごしてしまいがちなので、あまり続くようだったら(1-2週間以上しても、休んだ後も回復傾向がなければ)、早めに受診も視野に入れてみるとよい、要注意案件でした。

おそらく今回は、年末からここまで、自分ではなくても大切な人達に、人生に何度も無いほどの大きなライフステージの変化があった事に少し疲れていたのかな。と振り返って改めて気づきました。

 

私は側で見守るだけでしたが、疲れがやっと感じられるほど、気が抜けてきた、安心してきたのがいまだったかもしれません。

大切な人の味方になる時に、忘れてならないのが、「相棒」です。
その相棒は、自分の1番身近にいて、片時も離れずに傍に居てくれる相棒、「自分自身」。

自分にも 味方になって一言を添えながら、だからこそ、大切な家族や友人、お客様など大切な人の味方になり続けていけるのです。

 

味方になって、自分へ一言!
「あと○日だね!きっと乗り切れるよ」
「 頑張ってて偉い!」

けれど、時には「もう頑張ってるよ、もっと頑張れってこと?!」と小さな自分が暴れます。

 

そんな時は、沢山沢山労って、
「ごめんね、あとで○日だけ一緒に頑張ってくれるかな? ありがとうね!助かるよ〜。その後はいっぱい休もうね~」

自分にも 「一緒に」というと、とても安心して動けます。 自分の体や心へのペーシングという安心感つくりの手法です。
誰かの味方になるのは得意だけど、いつも自分は優先順位の最後の方で後回しな人にこそ、ご参考になればと願います。

 

あなたは、
「大切な自分に、味方になってなんと声を掛けたいですか?」

W&H統括事務局
TEL:052-217-1229 Mail : kibou-negai@wish-and-hope.com Add: >>GoogleMap